広島、袋町で春・夏に野菜・魚介のおでん、逸品料理を日本酒・ビールと堪能

冬だけじゃ勿体ない

広島、袋町にて店を構える出汁とおでん「わいく」。
当店を代表するおでんは、季節ごとに移ろいゆく山の幸や海の幸と、
食材それぞれとのバランスを考えてブレンドする2種類の出汁が要。
おでんといえば冬という固定概念を取り払った、素材が活きるやさしい味わいを通年ご堪能いただけます。
お酒がススム逸品を豊富に揃えていることはもちろん、
利き酒師である店主が厳選する日本酒もまた通をも唸らせる銘酒ばかりです。
わいくならではの春おでんや夏おでんをつまみながら、今宵一献傾けてみてはいかがでしょうか。

春のわいく

春の訪れを感じる季節野菜や瀬戸内海で獲れる旬の魚介を、
自慢の出汁でおでんへと昇華。
この季節ならではの食材の甘みや香り、
深みを引き出してご用意いたします。
心と身体に染み渡るほっこりとした美味しさは、
お酒との相性も抜群です。
カウンター越しに店主と会話を交えながら、
お好みの一品をお選びください。

  • わかめ
  • 筍
  • あさり

筍×わかめ×芽キャベツ

やわらかい食感の筍とほろ苦さがクセになる
芽キャベツ、瀬戸内海で採れるわかめは、
春を代表する旬の食材たち。
丁寧に引いたおでん出汁で
じっくりと火入れしてご提供いたします。
季節の味覚を表現したひと品を、
日本酒と合わせてぜひ。

タケノコ

あさり×わかめ

あさりとわかめそれぞれの美味しさは
もちろん、力強い魚介の旨味を吸収した
出汁もまた絶品。
野菜のおでんとはひと味違った味わいに、
幸福感に満たされることうけあいです。
その魅力に惚れ込み、
出汁まで飲み干すお客様も
少なくありません。

あさり

春を感じる逸品

※仕入れなどによって、
シーズン中であったとしても
ご用意が難しい場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。
その時々の仕入れに合わせて、
様々な旬の逸品を
ご用意しておりますので、
詳細は店舗にてご確認ください。

ぬた

わけぎと帆立のぬた

やわらかい口当たりと、なめらかな歯ごたえがある、
春が旬のわけぎに、
新鮮な帆立の貝柱とヒモをそえています。
酢味噌を絡めてさっぱりとお召し上がりください。

旬野菜のディップ

旬野菜のディップ

時季で仕入れる華やかな春野菜の盛り合わせは、
専用の味噌にディップしてお楽しみください。
素材それぞれの食感や、鮮度抜群の瑞々しさを食べ比べながら
季節の訪れを感じるのもまた一興です。

夏のわいく

冷たいビールに

夏おでん

素材本来の甘みや旨味が強い夏野菜もまた、やさしい味わいのおでんにてご提供。
出汁の味わいが食材それぞれを丁寧にまとめあげ、やさしい美味しさを引き出します。
風味が引き立つあたたかさでご用意する絶品おでんを頬張り、
キンキンに冷えたビールをグイっと流し込めば、
心満たされ、自然と笑みがこぼれること間違いありません。

野菜

夏を楽しむ逸品

※仕入れなどによって、
シーズン中であったとしても
ご用意が難しい場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。
その時々の仕入れに合わせて、
様々な旬の逸品を
ご用意しておりますので、
詳細は店舗にてご確認ください。

ごまかんぱち

ごまかんぱち

夏ならではの旬の魚を気軽に楽しむならこちら。
脂ののった新鮮なかんぱちとクリーミーなゴマだれが絡み合う美味しさに、
ついついお酒が進むことうけあいです。
グラスを片手にちびりちびりとお召し上がりください。

たこわさ

真蛸のプリプリとした弾力と山葵の香り、そしてアボカドのまろやかさが
三位一体となったたこわさは、お酒のおともにうってつけです。
すっきりとしたライム香るダイヤメのソーダ割りをあわせれば、
これ以上にないほどの相性の良さを感じていただけることでしょう。

たこわさ×ダイヤメソーダ割り

たこわさ

〆は冷たい茶そばで

お食事の最後を締めくくる逸品は、
夏ならではのひんやりとした茶そばをぜひ。
鴨肉は、ふっくらと焼き上げる穴子にかえてご提供もできますので、
気軽にお申し付けください。
香り高くさっぱりとした喉ごしが、
心地よい余韻を生み出します。

ペアリング

ドリンクのご案内

旬のお酒と合わせて

利き酒師である店主が、
食中酒を中心に仕入れる日本酒は、
どれも料理との相性を考えて取り揃えており、
その品揃えは広島ならではの地酒をはじめ、
中にはあまり出回らない珍しいものもございます。
その時々の出合いを楽しみながら、
料理とのペアリングをも存分にご堪能ください。
ご要望があれば、お好みに合わせて提案もいたします。

ページのトップへ戻る